ヒガンザクラ自生南限地(ひがんざくらじせいなんげんち)

ヒガンザクラ自生南限地(ひがんざくらじせいなんげんち)

鹿児島県にあるヒガンザクラ自生南限地は、宮崎県との県境、栗野岳(くりのだけ)中腹の雑木林に自生している江戸彼岸(エドヒガン)で、日本でサクラが自然に育つ最南端の地として、大正12年(1923)3月7日に国の天然記念物に指定されました。
ヒガンザクラ自生南限地のサクラの花は、3月下旬頃に白もしくはピンク色の2.5~3センチほどの小さな花が2~5個、葉より先に咲きます。葉は山桜(ヤマザクラ)より小さく、丸みをおびた楕円形で毛が多いのが特徴です。樹高は10メートルほどあります。

天然記念物・桜の名称
ヒガンザクラ自生南限地(ひがんざくらじせいなんげんち)
桜(サクラ)の種類
江戸彼岸(エドヒガン)
桜(サクラ)の見ごろ
3月下旬~4月初旬
国指定天然記念物の桜 所在地
鹿児島県姶良郡湧水町(ゆすいちょう)
所有者・管理者名
(鹿児島森林管理署)
指定日・桜の樹齢
大正12年(1923)3月7日・-
公式サイト
ヒガンザクラ自生南限地(ひがんざくらじせいなんげんち)の情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.