桜川のサクラ(さくらがわのさくら)

桜川のサクラ(さくらがわのさくら)

桜川のサクラは、桜川磯部稲村神社(通称:桜川神社)の参道をはさんだ両側、約1㎞にも及ぶ桜並木は、古来から磯部の百色桜としてよく知られていて、平安時代の歌人、紀貫之は後撰集で「常よりも 春べになれば桜川 波の花こそ まなくよすらめ」と詠うなど、多くの歌人たちが桜川の歌を残しています。また桜川は、古来から「西の吉野、東の桜川」といわれる桜の名所でもありました。
昭和49年(1974)に、国の天然記念物に指定された、5,514.05平方メートルの町有地には、白山桜(シ ロヤマザクラ)が577本もあり、品種も桜川の匂、樺匂、梅鉢桜、白雲桜、薄毛桜、初見桜、初重桜、源氏桜、大和桜、青毛桜、青桜などがありました。しかし、現在では山桜の老木などの多くは枯れてしまい、染井吉野(ソメイヨシノ)や山桜(ヤマザクラ)などを補植しているようです。桜川の桜は、地元の人には「磯部のサクラ」とよばれ親しまれ、国の名勝としても指定されています。

天然記念物・桜の名称
桜川のサクラ(さくらがわのさくら)
桜(サクラ)の種類
白山桜(シロヤマザクラ)
桜(サクラ)の見ごろ
3月中旬~4月初旬
国指定天然記念物の桜 所在地
茨城県桜川市磯辺
所有者・管理者名
指定日・桜の樹齢
昭和49年(1974)7月16日・-
公式サイト
桜川のサクラ(さくらがわのさくら)の情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.