南谷のカスミザクラ(みなみだにのかすみざくら)

南谷のカスミザクラ(みなみだにのかすみざくら)

南谷のカスミザクラは、山形県庄内地方にひろがる出羽三山(でわさんざん)のひとつ、羽黒山の中腹、南谷別院・紫苑寺(みなみだにべついん・しおんじ)跡境内奥にあります。※出羽三山とは、月山(がっさん)、羽黒山(はぐろさん)、湯殿山(ゆどのさん)の総称で、各山頂に、月山神社・出羽(いでは)神社・湯殿山神社があり、これらを総称して出羽三山神社といいます。
南谷のカスミザクラは、樹齢約300年の大山桜(オオヤマザクラ)で、幹周4.6メートル、樹高28.0メートルあります。昭和56年9月の台風で、カスミザクラの一部が損傷し、現在は花を見ることができないようです。

天然記念物・桜の名称
南谷のカスミザクラ(みなみだにのかすみざくら)
桜(サクラ)の種類
大山桜(オオヤマザクラ)
桜(サクラ)の見ごろ
4月下旬
国指定天然記念物の桜 所在地
山形県鶴岡市羽黒町手向字羽黒山
所有者・管理者名
(出羽三山神社)
指定日・桜の樹齢
昭和26年(1951)6月9日・300年
公式サイト
南谷のカスミザクラ(みなみだにのかすみざくら)の情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.