サクラの意味と語源

桜(サクラ)の意味と語源

日本人に愛され、親しまれているサクラの語源にはさまざまなものがあります。

1.さく(=咲く)+ら(=複数)
サクラの名の由来のひとつとして、「咲く」に複数を意味する「ら」で「サクラ」となったという説があります。「咲くらむ」で咲く花の総称を意味します。

2.木花開耶姫(このはなさくやひめ)
木花開耶姫は日本神話に登場し、富士の頂上から種をまいて花を咲かせたとされ、また神社の祭神としてしばしば名前を耳にする女神で、この木花(サクラ)のように美しい姫という意をもつ女神の名、木花開耶姫の「サクヤ」が「サクラ」になったという説があります。木花開耶姫は、木花咲耶姫とも書かれ、古事記では木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)と記されています。

3.咲麗(さきうら)
麗(うら)らかに咲くという意味の「咲麗(さきうら)」からきているという説があります。

4.農業の神
農事などを司(つかさど)る山の神を表わす古語表現、早苗の「さ」と、「くら」はその神が鎮座する場所を示し、農業の神「さ」のいる場所「くら」で「サクラ」という説があります。

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.