樽見の大ザクラ(たるみのおおざくら)

樽見の大ザクラ(たるみのおおざくら)

昭和26年(1951)6月9日に国の天然記念物の指定を受けている、樽見の大ザクラは、幹周5.2メートル、根周り約8.0メートル、樹高約20.0メートル、樹齢1,000年を越える、江戸彼岸桜(エドヒガン)で、地上2メートル付近から数本に枝分かれし、樹冠の広がりは380平方メートルにもおよぶといわれています。樽見の大ザクラは、「千年桜」という別名もあり、また地元の人たちには「仙桜」とよばれ親しまれている、兵庫県下一の老大桜です。
樽見の大ザクラは元禄(江戸時代)の桜の樹勢がもっとも盛んだった時代には、樹冠20間(約36メートル)四方に渡っていたので、出石藩と生野代官所の領地の境であったこともあり、出石藩主、小出備前守自らが見物に訪れたといわれています。
この樽見の大ザクラのある森は「大屋花霞の森」とよばれ、霞桜(カスミザクラ)が多く自生していますので、天然記念物の大ザクラとともに、桜を満喫できます。

天然記念物・桜の名称
樽見の大ザクラ(たるみのおおざくら)
桜(サクラ)の種類
江戸彼岸(エドヒガン)
桜(サクラ)の見ごろ
4月上旬
国指定天然記念物の桜 所在地
兵庫県養父郡大屋町
所有者・管理者名
大屋町(おおやちょう)
指定日・桜の樹齢
昭和26年(1951)6月9日・1,000年
公式サイト
樽見の大ザクラ(たるみのおおざくら)の情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.