常照寺の九重ザクラ(じょうしょうじのここのえざくら)

常照寺の九重ザクラ(じょうしょうじのここのえざくら)

常照寺(常照皇寺)の九重桜は、洛北、臨済宗天龍寺派の禅寺である「大雄名山万寿常照皇禅寺」にあります。常照寺(常照皇寺)は、貞治元年(1362)北朝の初代天皇であった光厳(こうごん)天皇が、政争を避けてこのお寺を創建し、隠棲したのがはじまりといわれています。以降歴代天皇との縁が深いお寺となっています。
※”常照皇寺”が現在のお寺の名称で、以前は常皇寺と略されていたことがあるらしく、また同じ京都市内、北区にも常照寺というお寺があります。
常照寺(常照皇寺)の九重桜は、京都府の史跡に指定されている境内にあり、幹周囲5.0メートル、樹高7.0メートルの枝垂桜(シダレザクラ)で、元弘3年(1333)に光巌法皇が弟の光明法皇とお手植えされたと伝えられていて、昭和13年(1938)8月8日に国の天然記念物の指定を受けています。また常照皇寺には、このほかにも素晴らしい名木があります。京都御所から株分けしたといわれる「左近の桜」、一重と八重が一枝に咲き、御水尾天皇(ごみずのおてんのう 在位1611-1629)が、あまりの美しさに車を戻してごらんになった所からその名がある、「御車返しの桜」など九重桜以外に2つもの名高い桜があるので、京都市内からは少し距離はあるものの、観桜期には大変な賑わいをみせます。
※常照寺(常照皇寺)の所在地は、2005年4月1日に北桑田郡京北町から京都市に編入合併され、京都市右京区京北となりました。

天然記念物・桜の名称
常照寺の九重ザクラ(じょうしょうじのここのえざくら)
桜(サクラ)の種類
枝垂れ桜(シダレザクラ)
桜(サクラ)の見ごろ
4月中旬
国指定天然記念物の桜 所在地
京都市右京区京北井戸町
所有者・管理者名
常照皇寺
指定日・桜の樹齢
昭和13年(1938)8月8日・630年
公式サイト
常照寺の九重ザクラ(じょうしょうじのここのえざくら)の情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.