三多気のサクラ(みたけのさくら)

三多気のサクラ(みたけのさくら)

三多気のサクラは、理源大師(832-909)が899年頃に真福院に留まって、桜を植えたのが始まりといわれていて、昔から知られた山桜の名所でもあり、伊勢本街道から真福院への参道約1.5kmにわたって2,000本あった山桜(ヤマザクラ)は、昭和17年に国指定の名勝地となっています。しかし現在、ヤマザクラの数は約500本になっていますが、古木の見事な並木道が続いています。棚田と桜の景観は独特の雰囲気を持っています。三多気の桜は、また昭和17年(1942)7月21日に国の天然記念物に指定されています。
桜のシーズンには、三多気のさくら名所公園を中心に桜まつりも催され、夜になると桜はライトアップされ、夜桜も楽しむことができます。

天然記念物・桜の名称
三多気のサクラ(みたけのさくら)
桜(サクラ)の種類
山桜(ヤマザクラ)
桜(サクラ)の見ごろ
4月中旬
国指定天然記念物の桜 所在地
三重県津市美杉町
所有者・管理者名
美杉町(みすぎちょう)
指定日・桜の樹齢
昭和17年(1942)7月21日・-
公式サイト
三多気のサクラ(みたけのさくら)の情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.