狩宿の下馬ザクラ(かりやどのげばざくら)

狩宿の下馬ザクラ(かりやどのげばざくら)

1193年に鎌倉幕府を開いた源頼朝(みなもとのよりとも 1147-1199)が、富士山麓で巻狩りを行なった時、陣屋が置かれこの桜を見ながら馬から降り、繋いだとされるのが、(井出家の門前にある)この狩宿の下馬桜で、別名駒止めの桜ともよばれます。※井出家は市指定文化財建造物。
また、徳川15代将軍慶喜(よしのぶ 1837-1913)は、”あわれその駒のみならず見る人の 心をつなぐ山桜かな”と詠んでいます。※山桜=狩宿の下馬桜(アカメシロバナヤマザクラ)
狩宿の下馬桜は、学名を「アカメシロバナヤマザクラ」という山桜(やまざくら)で国内最古級といわれる樹齢800年を超える老木で大正11年10月12日に国の天然記念物に指定され、その後昭和27年3月29日に国の特別天然記念物にも指定されました。
例年4月中旬頃、薄紅色の若葉とともに白花を咲かせ、多くの観光客でにぎわいます。

天然記念物・桜の名称
狩宿の下馬ザクラ(かりやどのげばざくら)
桜(サクラ)の種類
山桜(ヤマザクラ)
桜(サクラ)の見ごろ
4月上旬~4月中旬
国指定天然記念物の桜 所在地
静岡県富士宮市狩宿98-1
所有者・管理者名
富士宮市(ふじのみやし)
指定日・桜の樹齢
大正11年(1922)10月12日・800年
公式サイト
狩宿の下馬ザクラ(かりやどのげばざくら)の情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.