霞間ヶ渓のサクラ(かまがたにのさくら)

霞間ヶ渓のサクラ(かまがたにのさくら)

江戸時代から知られる桜の名所である霞間ヶ渓は、池田山のふもとにあり、山桜(ヤマザクラ)の自生地であったところにサクラの植樹を繰り返した後、満開のサクラが山に霞がかかったように見えるようになったことからその名がついたといわれています。
霞間ヶ渓には、毎年3月下旬頃から、山桜(ヤマザクラ)をはじめとして、染井吉野(ソメイヨシノ)、枝垂桜(シダレザクラ)、大山桜(オオヤマザクラ)、里桜(サトザクラ)、彼岸桜(ヒガンザクラ)など7~8種類、約15,000本の桜が渓谷を彩り、谷の周囲には揖斐茶の茶畑が広がっているので桜のピンク色と新茶の若葉色が、自然の美しいコントラストを作って、わたしたちの目を楽しませてくれます。霞間ヶ渓は、昭和3年(1928)2月17日に国の天然記念物の指定を受け、平成元年には日本さくら名所100選に選ばれ、平成14年には飛騨・美濃さくら33選にも選ばれている、国指定の名勝です。
霞間ヶ渓公園内にある霞橋(通称:めがね橋)をバックに数千本の桜を見るのがおすすめで、桜のシーズンには池田サクラまつりも開催されます。

天然記念物・桜の名称
霞間ヶ渓のサクラ(かまがたにのさくら)
桜(サクラ)の種類
山桜(ヤマザクラ)
桜(サクラ)の見ごろ
3月下旬~4月上旬
国指定天然記念物の桜 所在地
岐阜県揖斐郡池田町藤代 霞間ヶ渓
所有者・管理者名
池田町(いけだちょう)
指定日・桜の樹齢
昭和3年(1928)2月17日・-
公式サイト
霞間ヶ渓のサクラ(かまがたにのさくら)の情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.