揖斐二度ザクラ(いびにどざくら)

揖斐二度ザクラ(いびにどざくら)

揖斐二度ザクラは、二度咲きといわれる春と秋の二度咲くサクラではなく、一本のサクラの木に、「一重咲きのサクラ」「八重咲きのサクラ」が咲き、その八重咲きの花の外側が散り始める頃、花の中心の芯部分に次のつぼみが現れて、二段に花を咲かせるものと、八重咲きの桜で終わるものの3種類のサクラが咲く珍しい木で、大正12年(1923)3月7日に国の天然記念物に指定されました。
揖斐二度ザクラは、上磯古墳群の近くにあり、 その大きさは、幹周1.6メートル、樹高8.0メートルで、開花は4月中旬から下旬ですが、二度咲きのため他のサクラよりも長い期間楽しめます。

揖斐二度ザクラ
岐阜県にある揖斐二度ザクラは、一本の木に3種類のサクラの花をつける珍しいサクラの木で、国指定の天然記念物。つぼみの時期にこれら3種の花を区別することはできないようです。
   ・一重サクラ
   ・八重サクラ
     |-・二段咲きのサクラ(半八重サクラ)


天然記念物・桜の名称
揖斐二度ザクラ(いびにどざくら)
桜(サクラ)の種類
里桜(サトザクラ)
桜(サクラ)の見ごろ
4月中旬~5月上旬
国指定天然記念物の桜 所在地
岐阜県揖斐郡大野町南方
所有者・管理者名
大野町(おおのちょう)
指定日・桜の樹齢
大正12年(1923)3月7日・不明
公式サイト
揖斐二度ザクラ(いびにどざくら)の情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.