臥龍のサクラ(がりゅうのさくら)

臥龍のサクラ(がりゅうのさくら)

臥龍のサクラは、曹洞宗大幢寺(だいとうじ)境内にある江戸彼岸桜の巨木です。(平成元年にお寺周辺が臥龍公園として整備されました。)
臥龍桜は、昔”大幢寺の大桜”とよばれていましたが、昭和6年(1931)大幢寺の道仙和尚が、大きく横に伸びた幹や枝が、一旦地面についた枝が、反るように地上に向かって伸び広がるその形が龍の臥(ふ)した姿に見えることから、臥龍桜と名付けられました。 幹周囲7.3メートル、枝張り南北31.0メートル、樹高20.0メートル、樹齢1,100年の臥龍桜は、昭和48年(1973)5月26日に国の天然記念物に指定されました。
桜の見頃は、4月中旬頃からで淡いピンクの花を見せてくれ、同時期に毎年桜まつりが開かれています。

天然記念物・桜の名称
臥龍のサクラ(がりゅうのさくら)
桜(サクラ)の種類
江戸彼岸(エドヒガン)
桜(サクラ)の見ごろ
4月中旬~4月下旬
国指定天然記念物の桜 所在地
岐阜県高山市一之宮町226-2 臥龍公園
所有者・管理者名
(大幢寺)
指定日・桜の樹齢
昭48年(1973)5月26日・1,100年
公式サイト
臥龍のサクラ(がりゅうのさくら)の情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.