根尾谷淡墨ザクラ(ねおだにうすずみざくら)

根尾谷淡墨ザクラ(ねおだにうすずみざくら)

根尾谷淡墨ザクラは、幼少のころこの地で育った、継体天皇(けいたいてんのう)(在位507~531)がお手植えされた桜といわれていて、淡墨ザクラの名は、桜の花の状態によって色が異なり、蕾では薄ピンク、満開時には白色、散り際では淡い墨色になることからそうよばれています。
この淡墨ザクラの樹高は16.3メートル、幹囲9.91メートル、枝張り東西26.9メートル、南北20.2メートルで、大正11年(1922)10月12日に国の天然記念物の指定を受けている、樹齢1,500年の江戸彼岸(エドヒガン)桜の老木、花の見頃は毎年4月上旬頃からとなっています。

”根尾谷淡墨ザクラ”の花の色
・蕾(つぼみ)・・・薄ピンク
・満開・・・・・・・・白色
・散り際・・・・・・淡い墨色

天然記念物・桜の名称
根尾谷淡墨ザクラ(ねおだにうすずみざくら)
桜(サクラ)の種類
江戸彼岸(エドヒガン)
桜(サクラ)の見ごろ
4月上旬~4月中旬
国指定天然記念物の桜 所在地
岐阜県本巣市根尾板所字上段995
所有者・管理者名
本巣市(もとすし)
指定日・桜の樹齢
大正11年(1922)10月12日・1,500年
公式サイト
根尾谷淡墨ザクラ(ねおだにうすずみざくら)の情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.