躑躅原フジザクラ群落(つつじがはらふじざくらぐんらく)

躑躅原フジザクラ群落(つつじがはらふじざくらぐんらく)

躑躅原フジザクラ群落は、富士山吉田口登山道、中の茶屋から大石茶屋にかけて、面積約33,000ヘクタールに2万本の蓮華躑躅(レンゲツツジ)と富士桜桜(フジザクラ)の混成群落を形成しています。この富士山の北麓にある、躑躅原フジザクラ群落に咲く、富士桜(フジザクラ)は、葉は卵形で複数の切りこみがあり、1~3つの白もしくはわずかに赤味をもつ花をつけます。また富士桜(フジザクラ)は別名、豆桜(マメザクラ)ともよばれるが、山梨県では、県花になっていて親しまれていることもあって、県内では豆桜(マメザクラ)と言っても通用しないというおもしろい話があります。

天然記念物・桜の名称
躑躅原フジザクラ群落(つつじがはらふじざくらぐんらく)
桜(サクラ)の種類
富士桜(フジザクラ)
桜(サクラ)の見ごろ
4月下旬~5月上旬
国指定天然記念物の桜 所在地
山梨県富士吉田市上吉田鈴原下5603
所有者・管理者名
山梨県
指定日・桜の樹齢
昭和3年(1928)3月3日・-
公式サイト
躑躅原フジザクラ群落(つつじがはらふじざくらぐんらく)の情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.