山高神代ザクラ(やまたかじんだいざくら)

山高神代ザクラ(やまたかじんだいざくら)

山高神代ザクラは、実相寺の境内、南側道路沿いにある、日本で一番古いと言われる桜の巨木で、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が、東国遠征の際、記念にこの地で植樹されたと伝えられていることから、樹齢は2,000年といわれています。 山高神代ザクラは、日蓮聖人が木の衰えを見て、回復を祈ったところ再生したため、別名「妙法桜」ともよばれます。
大正11年(1922)10月12日に国の天然記念物の指定を「国の天然記念物第1号」として受け、平成2年6月には、「新日本名木百選」にも指定されています。また 日本三大桜(山高の神代桜、根尾村の淡墨桜、三春町の滝桜)のひとつでもあります。山高神代ザクラの大きさは、根本周囲13.5メートル、幹周囲10.6メートル、枝張り東西17.1メートル、南北12.4メートル、樹高が約9.0メートルあり、根周りでは国内最大級。例年4月10日前後に満開となります。

天然記念物・桜の名称
山高神代ザクラ(やまたかじんだいざくら)
桜(サクラ)の種類
江戸彼岸(エドヒガン)
桜(サクラ)の見ごろ
4月上旬~4月中旬
国指定天然記念物の桜 所在地
山梨県北杜市武川町山高2763
所有者・管理者名
武川町(むかわちょう)
指定日・桜の樹齢
大正11年(1922)10月12日・2,000年
公式サイト
山高神代ザクラ(やまたかじんだいざくら)の情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.