極楽寺の野中ザクラ(ごくらくじののなかざくら)

極楽寺の野中ザクラ(ごくらくじののなかざくら)

極楽寺の野中ザクラは、新潟県の極楽寺境内入り口にあり、山桜(ヤマザクラ)の花より大きいことから、大山桜(オオヤマザクラ)とよばれ、その変種として知られています。※この大山桜(オオヤマザクラ)は蝦夷山桜(エゾヤマザクラ)、紅山桜(ベニヤマザクラ)の別名もあります。開花は早い年で4月中旬からはじまり、花は鮮やかな濃紅色で4センチから6センチ、丸い花弁で花序ごとに2個から3個の大輪の花をつけます。極楽寺の野中ザクラ(ごくらくじののなかざくら)の大きさは、枝張り東西10メートル、南北12メートル、樹高9.9メートルで、主幹は枯れてしまい、現在は新しく芽生えた2代目の4株から成っています。
極楽寺の野中ザクラは、野生種の紅山桜(ベニヤマザクラ)の天然変形としては珍しく、また植物学上、とても貴重であることから、昭和2年(1927)4月8日に国の天然記念物の指定を受けました。

天然記念物・桜の名称
極楽寺の野中ザクラ(ごくらくじののなかざくら)
桜(サクラ)の種類
大山桜(オオヤマザクラ)の変種 ※オヤマザクラ(大山桜・蝦夷山桜・紅山桜)
桜(サクラ)の見ごろ
4月下旬~5月上旬
国指定天然記念物の桜 所在地
新潟県東蒲原郡阿賀町両郷甲極楽寺内
所有者・管理者名
阿賀町(あがまち)
指定日・桜の樹齢
昭和2年(1927)4月8日・100年
公式サイト
極楽寺の野中ザクラ(ごくらくじののなかざくら)の情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.