鹽竃神社の鹽竃ザクラ(しおがまじんじゃのしおがまざくら)

鹽竃神社の鹽竃ザクラ(しおがまじんじゃのしおがまざくら)

鹽竃神社の鹽竃ザクラは、古くから多くの和歌に詠まれていて、その鹽竃ザクラは、境内に五十数本あり、そのうちの約20本が国の天然記念物の指定を受けています。遅咲きの鹽竃ザクラは、花びらが35枚から50枚ぐらいある里桜(サトザクラ)系の八重桜で、ほんのりと紅色を帯びている大輪の花が特長。鹽竃神社では、他にも染井吉野(ソメイヨシノ)や枝垂桜(シダレザクラ)など600本ほどの桜が咲く4月はいっそう美しいことで知られています。
松島湾を望む景勝地・鹽竈神社は、202段の石段を登りつめると、朱色と緑で彩られた、豪華で壮大な社殿を見ることができ、その素晴らしい社殿は、江戸時代の「慶長の御造営」(伊達政宗)からはじまり「寛文の御造営」(伊達綱宗-綱村)そして「元禄の御造営」(伊達綱村-吉村)へと続き、9年の歳月をかけて造られたものとされています。

天然記念物・桜の名称
鹽竃神社の鹽竃ザクラ(しおがまじんじゃのしおがまざくら)
桜(サクラ)の種類
里桜(サトザクラ)
桜(サクラ)の見ごろ
4月中旬~5月中旬
国指定天然記念物の桜 所在地
宮城県塩竈市一森山1-1
所有者・管理者名
(鹽竈神社)
指定日・桜の樹齢
昭和15年(1940)/昭和62年(1987)12月に再指定・30年
公式サイト
鹽竃神社の鹽竃ザクラ(しおがまじんじゃのしおがまざくら)の情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.