龍谷寺のモリオカシダレ(りゅうこくじのもりおかしだれ)

龍谷寺のモリオカシダレ(りゅうこくじのもりおかしだれ)

龍谷寺のモリオカシダレは、大正9年(1920年)国の天然記念物調査員であった三好学氏が龍谷寺で発見した江戸彼岸大島桜(エドヒガンオオシマザクラ)の雑種で、シダレ性の枝垂彼岸(シダレヒガン)に近い樹性で、染井吉野(ソメイヨシノ)に近い葉の形をしていますが、裏面、子房、花柱が無毛のため新種として扱われ、国の天然記念物の指定を受けました。
「龍谷寺(りゅうこくじ)のモリオカシダレ」の大きさは、根本周が2.2メートル、枝張りが8.0メートル、樹高が 6.1メートル、(1993年測定値)。
主幹の大部分が腐朽し、周材の一部が生きて生育していて、交雑種樹木の最大値と思われる、160年の樹齢の桜である。盛岡石割ザクラ(もりおかいしわりざくら)から車で5分ほどの距離にあるので同日のお花見が可能。

※龍谷寺(りゅうこくじ):明治4年から明治28年まで 石川啄木の母方の伯父である、葛原対月(かつらはらたいげつ)が住職だったことでも知られるお寺。

天然記念物・桜の名称
龍谷寺のモリオカシダレ(りゅうこくじのもりおかしだれ)
桜(サクラ)の種類
枝垂桜(シダレザクラ)
桜(サクラ)の見ごろ
4月下旬~5月上旬
国指定天然記念物の桜 所在地
岩手県盛岡市名須川町7-2
所有者・管理者名
(龍谷寺)
指定日・桜の樹齢
昭和11年(1936)9月3日・160年
公式サイト
龍谷寺のモリオカシダレ(りゅうこくじのもりおかしだれ)の情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.