盛岡石割ザクラ(もりおかいしわりざくら)

盛岡石割ザクラ(もりおかいしわりざくら)

現在、盛岡石割ザクラのある盛岡地方裁判所は、約360年前の盛岡城下完成期直後に、南部家(なんぶけ)の分家である北(きた)氏の邸宅があった場所といわれています。花崗岩(かこうがん)の割れ目に生じていることから石割ザクラとよばれていて、その不思議なサクラの姿は、岩の割れ目に自然に生えたもののようで、明治9年、明治天皇が東北御巡幸の際、陛下がご覧になってから特に有名になりました。
「盛岡石割ザクラ」の大きさは、岩上の根元周囲が4.3メートル、枝張りが東8.8メートル、西8.4メートル、南5.5メートル、北7.3メートル、樹高が 10.8メートル、(1995年測定値)。推定樹齢は約350年といわれていて、サクラの種類は、サクラの中で最も長命で知られる江戸彼岸(エドヒガン)です。その江戸彼岸(エドヒガン)は、別名東彼岸(アズマヒガン)又は立彼岸(タチヒガン)といわれ、花色から白彼岸(シロヒガン)といわれることもあります。江戸彼岸(エドヒガン)は、もともと本州・四国・九州に多く野生し、北限の自生地帯は、岩手県とされています。
1932年(昭和7年)に一度火災に遭い、枝の一部が焼けたようですが、被害もそれほどなく回復しているようです。龍谷寺(りゅうこくじ)のモリオカシダレから車で5分ほどの距離にあるので同日のお花見が可能。

天然記念物・桜の名称
盛岡石割ザクラ(もりおかいしわりざくら)
桜(サクラ)の種類
江戸彼岸(エドヒガン)
桜(サクラ)の見ごろ
4月下旬~5月上旬
国指定天然記念物の桜 所在地
岩手県盛岡市内丸9-1
所有者・管理者名
(盛岡地方裁判所)
指定日・桜の樹齢
大正12年(1923)3月7日・350年
公式サイト
盛岡石割ザクラ(もりおかいしわりざくら)の情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.