サクラは日本の国花

桜(サクラ)は日本の国花

国花(こっか)とは、その国民に最も愛され、その国の象徴とされる花のことをいいます。国花以外に、「国」とつく呼び名には国旗や国歌などがあります。しかしこれらは法律などで正式に定められますが、国花に関しては世界的に見ても公式に制定されているものは少なく、習わしやしきたりなどで決められることが多いようです。ご存知と思いますが、日本の国花は「菊」と「桜」です。(菊の紋章は写真にある、パスポートの表紙にも用いられています。)菊は天皇家の紋章であるため国花である理由づけは不要と思いますが、一方の桜はというと、長い歴史のなかで日本国民の生活に溶け込み、愛されている花、日本人がもっとも好む花ということから桜が選ばれているようです。「ぱっと咲いて、ぱっと散る」という日本人特有の美意識をあらわしているところも桜が好まれる理由のひとつかもしれません。(参考:アメリカの国花はセイヨウオダマキ、中国の国花はボタンとキク)


Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.