桧木内川堤(ひのきないがわつつみ)・角館武家屋敷(かくのだてぶけやしき)

桧木内川堤(ひのきないがわつつみ)・角館武家屋敷(かくのだてぶけやしき)

角館武家屋敷
角館は秋田藩の支藩として最も栄えた城下町で、380年程前に整えられた町並みには、幕末からの武家屋敷が現在も残っています。武家屋敷の一部である、門や塀は残っていても、建物まで残っている城下町は全国的に見てもとても珍しく、その点でも見ごたえのある観光名所として有名です。その武家屋敷と、シダレザクラの町並木との調和がすばらしいということで、角館のシダレザクラは、国の天然記念物の指定を受けました。
角館のシダレザクラとは、武家屋敷両側にある枝垂桜(シダレザクラ)が見事なことから152本が国の天然記念物の指定を受けています。江戸時代に京都三条から嫁入りした公家(西家)の娘さんが、一緒に苗木を持ってきたのが角館のシダレザクラの起源といわれています。現在も残る、そのシダレザクラの中には、樹齢300年、最大級のものは直径が1.2メートルにおよぶ老古木もあり、例年桜のシーズンになると夜間、武家屋敷がライトアップされ、夜桜も楽しめます。

桧木内川堤
桧木内川堤の桜並木は、昭和9年(1934)現天皇陛下のご誕生を記念して染井吉野(ソメイヨシノ)が植樹されたのがはじまりで、桜の季節になると、桧木内川左岸の堤防の約40本がつくりだす2kmの桜並木は、素晴らしく、こちらも国の名勝指定を受けています。桧木内川堤の桜並木は、角館の桜と開花時期の異なる染井吉野(ソメイヨシノ)がお花見でき、角館武家屋敷の枝垂桜(シダレザクラ)とともに日本のさくら名所100選の選定の地です。例年桜のシーズンになると、さくら祭りが開催され、夜間18:00から22:30までの間、桧木内川堤の桜並木に電飾が施され、夜桜が楽しめます。

桜の名所
桧木内川堤(ひのきないがわつつみ)・角館武家屋敷(かくのだてぶけやしき)
桜の満開予定時期
4月中旬
~4月下旬
お花見できる桜の種類
枝垂桜(シダレザクラ)、染井吉野(ソメイヨシノ)
夜桜鑑賞
最寄の温泉
角館温泉 花葉館、玉川温泉、乳頭温泉郷
所在地
秋田県仙北市角館町
お問合せ先
角館町観光協会(0187-54-2700)
仙北市観光課(0187-43-3352)
公式サイト
桧木内川堤(ひのきないがわつつみ)・角館武家屋敷(かくのだてぶけやしき)の桜情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.