鶴岡公園(つるおかこうえん)

鶴岡公園(つるおかこうえん)

鶴岡公園は、酒井氏の居城、鶴ヶ岡城があった場所で、明治の「廃城令」により、城が取り壊された後、公園として整備されました。本丸跡には、旧藩主を祀る荘内神社もあります。
面積およそ1,200平方メートルの園内には、染井吉野(ソメイヨシノ)など、およそ約800本の桜が植えられていて、特に西側の堀沿いの桜並木が素晴らしく、水面に桜が影を映し、水鳥の姿も見ることができ、桜の季節になると花見客でにぎわいます。鶴岡公園は、日本さくらの名所100選にも選ばれています。
例年4月の中旬頃の桜のシーズンには、鶴岡桜まつりが開催され、17:00から22:30までの間、園内では、ぼんぼりが灯され夜桜が楽しめます。

桜の名所
鶴岡公園(つるおかこうえん)
桜の満開予定時期
4月中旬
お花見できる桜の種類
染井吉野(ソメイヨシノ)、八重桜(ヤエザクラ)、枝垂桜(シダレザクラ)
夜桜鑑賞
最寄の温泉
湯野浜温泉、湯田川温泉、由良温泉
所在地
山形県鶴岡市馬場町 鶴岡公園
お問合せ先
鶴岡観光協会(鶴岡市観光物産課)(0235-25-2111)
公式サイト
鶴岡公園(つるおかこうえん)の桜情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.