三春町のシダレザクラ(みはるちょうのしだれざくら)

三春町のシダレザクラ(みはるちょうのしだれざくら)

三春町のシダレザクラは、大正11年10月12日に国の天然記念物の指定を受けた名木で、天文年間に植えたと伝えられる、推定樹齢1,000年以上の見事な江戸彼岸(エドヒガン)系の紅枝垂桜(ベニシダレザクラ)です。開花期になるとあふれんばかりに咲く、美しく華やかなその様は、淡紅色の桜の花が滝から落ちるように見えることからその名がついたようです。三春滝ザクラ(みはるたきざくら)の大きさは、高さ12メートル、根回り11メートル、枝張り北方向4.6メートル、東方向10.7メートル、南方向13.9メートル、西方向14.5メートルある、日本最大の枝垂桜(シダレザクラ)で知られ、日本を代表する桜の巨木で日本三大桜の一つでもあります。また平成2年6月2日には、みどりの地球キャンペーンの一環として読売新聞社と国際花と緑の博覧会協会が選定した、「新名木百選」にも選ばれています。馬場桜(ババザクラ)から近距離のため同日のお花見が可能です。
桜のシーズンには、三春まつりが開催され、夕方から22:00までの間、町内7カ所で桜の名所がライトアップされ、夜桜が楽しめます。

桜の名所
三春町のシダレザクラ(みはるちょうのしだれざくら)
桜の満開予定時期
4月中旬~4月下旬
お花見できる桜の種類
紅枝垂桜(ベニシダレザクラ)
夜桜鑑賞
最寄の温泉
所在地
福島県田村郡三春町大字滝字桜久保
お問合せ先
三春町観光協会 (0247-62-3690)
三春町観光グループ(0247-62-3960)
公式サイト
三春町のシダレザクラ(みはるちょうのしだれざくら)の桜情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.