大宮公園(おおみやこうえん)

大宮公園(おおみやこうえん)

さいたま市にある大宮公園は、明治17年(1884)に埼玉県で最初の県営公園として開園されました。園内は、樹齢100年を超える赤松がそびえる赤松林、池のほとりには新緑や紅葉が美しい樹木が植えられ、四季おりおりの変化が楽しめます。また硬式野球場、サッカー場、陸上競技場兼双輪場、水泳場、体育館、弓道場、小動物園、児童遊園地などの施設がある、総合都市公園となっています。
大宮公園の桜は、染井吉野(ソメイヨシノ)がおよそ1,200本、その他八重桜(ヤエザクラ)や山桜(ヤマザクラ)、彼岸桜(ヒカンザクラ)、また樹齢120年の枝垂桜(しだれざくら)の大木もあり、県内でも屈指の桜の名所で有名で、日本さくら名所100選にも選定されています。17:00頃から21:00までの間、ライトアップされるので夜桜も楽しめます。

桜の名所
大宮公園(おおみやこうえん)
桜の満開予定時期
3月下旬~4月上旬
お花見できる桜の種類
染井吉野(ソメイヨシノ)、八重桜(ヤエザクラ)、山桜(ヤマザクラ)、彼岸桜(ヒカンザクラ)
夜桜鑑賞
最寄の温泉
所在地
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4
お問合せ先
埼玉県大宮公園事務所 (048-641-6391)
(社)さいたま観光コンベンションビューロー (048-647-8338)
公式サイト
大宮公園(おおみやこうえん)の桜情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.