上野恩賜公園(うえのおんしこうえん)

上野恩賜公園(うえのおんしこうえん)

東京都内でも有数の花見の名所で知られる上野恩賜公園は、53万4000平方mの広さがあり、美術館や博物館、動物園なども併設されているので子供から大人まで楽しむことができます。
上野恩賜公園の桜は、天海僧正が江戸城鎮護を祈願して寛永寺を創建した当時、上野の山のあちらこちらに桜を植えたのがはじまりだそうで、寛永年間(1624~1644)頃、特に花見の名所としてにぎわっていたそうです。
現在園内には、およそ1,200本の桜があり、その半数は染井吉野(ソメイヨシノ)です。例年、桜のシーズンには、うえの桜まつりが開催され、17:30から20:00までの間、およそ1,200個のぼんぼりが灯され夜桜も楽しめます。

桜の名所
上野恩賜公園(うえのおんしこうえん)
桜の満開予定時期
3月下旬~4月上旬
お花見できる桜の種類
染井吉野(ソメイヨシノ)、里桜(サトザクラ)、寒緋桜(カンヒザクラ)、大寒桜(オオカンザクラ)
夜桜鑑賞
最寄の温泉
鴎外温泉
所在地
東京都台東区上野公園 5-20
お問合せ先
上野公園管理事務所 (03-3828-5644)
上野観光連盟 (03-3832-0084)
公式サイト
上野恩賜公園(うえのおんしこうえん)の桜情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.