隅田公園(すみだこうえん)

隅田公園(すみだこうえん)

隅田公園の桜は、墨田区側の隅田川西岸(吾妻橋から西岸の花川戸・今戸橋場)と台東区側の隅田川西岸(向島まで)の両岸、隅田川に沿って整備された公園で、広さはおよそ18万8000平方メートルあります。園内の言問橋(ことといばし)北には、滝廉太郎作曲「花」の歌碑があり、長命寺の桜もちも味わえます。
隅田川の桜は、享保年間(1716~36)に八代将軍・徳川吉宗により、隅田川東岸の墨堤に桜が植えられたのがはじまりで、現在では隅田川の両岸を約1kmを150本の桜が、春になると素晴らしい桜並木をつくり、日本さくらの名所100選にも選ばれています。墨田区側からは、東京都観光汽船が吾妻橋から桜橋までを運行するお花見船、台東区側の桜橋には、台場や葛西などを結ぶ水上バスの発着所があるので、船上からのお花見もできます。
桜のシーズンになると、各種イベントが行われ、夕方から21:30頃までの間、ちょうちんが灯され夜桜も楽しめます。

桜の名所
隅田公園(すみだこうえん)
桜の満開予定時期
3月下旬~4月上旬
お花見できる桜の種類
染井吉野(ソメイヨシノ)、枝垂桜(シダレザクラ)、大島桜(オオシマザクラ)、里桜(サトザクラ)、彼岸桜(ヒガンザクラ)
夜桜鑑賞
最寄の温泉
所在地
東京都墨田区・台東区
お問合せ先
墨田区文化観光協会 (03-5608-6951)
公式サイト
隅田公園(すみだこうえん)の桜情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.