衣笠山公園(きぬがさやまこうえん)

衣笠山公園(きぬがさやまこうえん)

衣笠山公園は、明治40年(1907)に横須賀市の中央に位置する丘陵地に開園した、歴史ある公園で、鎌倉時代に勢力のあった三浦氏の居城跡でも知られています。
衣笠山公園の桜は、明治の開園後、(昭和30年(1955)にもあらたに植栽され、現在園内には、染井吉野(ソメイヨシノ)や枝垂桜(シダレザクラ)、山桜(ヤマザクラ)、里桜(サトザクラ)、彼岸桜(ヒガンザクラ)など、およそ2,000本の桜があり、三浦半島随一の桜の名所となっていて、日本さくらの名所100選にも選ばれています。
桜のシーズンには、衣笠さくら祭が開催され、夕方17:00頃からぼんぼりが灯されるので夜桜も楽しめます。

桜の名所
衣笠山公園(きぬがさやまこうえん)
桜の満開予定時期
3月下旬~4月上旬
お花見できる桜の種類
染井吉野(ソメイヨシノ)、枝垂桜(シダレザクラ)、山桜(ヤマザクラ)、里桜(サトザクラ)、彼岸桜(ヒガンザクラ)
夜桜鑑賞
最寄の温泉
阿部倉温泉
所在地
神奈川県横須賀市小矢部4-922
お問合せ先
衣笠観光協会 (046-853-1611)
公式サイト
衣笠山公園(きぬがさやまこうえん)の桜情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.