高田公園(たかだこうえん)

高田公園(たかだこうえん)

高田公園は、慶長19年(1614)、松平忠輝の居城として築かれた高田城の城跡を整備した公園です。高田公園の桜は、日本三大夜桜の一つとして知られ、明治42年、旧陸軍の13師団が、高田城跡に置かれたのを記念して在郷軍人会が2,200本の桜を植えたのがはじまりです。
現在園内には、およそ4,000本の染井吉野(ソメイヨシノ)があり、桜のシーズンになると、毎年100万人の花見客でにぎわい、日本さくら名所100選にも選ばれています。
桜の季節には、高田城百万人観桜会が開催され、夕方頃から23:00頃までの間、内堀を中心に園内一帯に3,000個のぼんぼりが灯されます、高田城三重櫓やシダレザクラを中心とした「さくらロード」が人気です。

桜の名所
高田公園(たかだこうえん)
桜の満開予定時期
4月上旬~4月中旬
お花見できる桜の種類
染井吉野(ソメイヨシノ)
夜桜鑑賞
最寄の温泉
鵜の浜温泉
所在地
新潟県上越市本城町
お問合せ先
上越観光コンベンション協会 (025-543-2777)
公式サイト
高田公園(たかだこうえん)の桜情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.