小諸城趾懐古園(こもろじょうしかいこえん)

小諸城址懐古園(こもろじょうしかいこえん)

懐古園は「白鶴城」「酔月城」ともよばれた小諸城址の公園で、浅間山のふもとにあります。小諸城は、城下町より低い穴城で、浅間山の火山灰で出来ている谷と丘を利用して造られています。水を用いず、崩れやすい断崖が堅固な要塞となっていて、これは全国的に珍しい城郭です。
また小諸城址「懐古園」の名は、明治13年(1880)本丸跡に懐古神社を祀ったことからその名があり、島崎藤村の千曲川旅情の歌「小諸なる古城のほとり」でも知られる名園です。園内には、樹齢80年の染井吉野(ソメイヨシノ)を中心におよそ300本の桜があり、園内馬場には、紫がかった濃い紅色の花を咲かせる珍種、「小諸八重紅枝垂(こもろやえべにしだれ)」が3本あり、日本さくら名所100選に選ばれています。 桜のシーズンには、例年懐古園桜まつりが開催され、23:00頃までぼんぼりが灯されますので夜桜も楽しめます。

桜の名所
小諸城址懐古園(こもろじょうしかいこえん)
桜の満開予定時期
4月中旬~4月下旬
お花見できる桜の種類
染井吉野(ソメイヨシノ)、八重桜(ヤエザクラ)、小諸八重紅枝垂(コモロヤエベニシダレ)、彼岸桜(ヒガンザクラ)、枝垂桜(シダレザクラ)
夜桜鑑賞
最寄の温泉
中棚温泉、菱野温泉、湯の瀬温泉、布引温泉
所在地
長野県小諸市丁311
お問合せ先
小諸市懐古園事務所 (0267-22-0296)
公式サイト
小諸城址懐古園(こもろじょうしかいこえん)の桜情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.