宮川堤(みやがわつつみ)

宮川堤(みやがわつつみ)

宮川堤は、江戸時代より桜の名所として知られ、かつては、渡船「さくらの渡し」があったといわれています。明治以降も多数の植樹が行われ、昭和12年(1937)に県の名勝地に指定されています。また、日本のさくら名所100選にも選定されています。
河川敷の堤防上、約1kmにわたり染井吉野(ソメイヨシノ)や山桜(ヤマザクラ)など、約1,000本の桜並木が続き、桜の季節には花見客でにぎわいます。
4月初旬には桜祭りが開催され、桜のシーズンには、18:00から22:00までの間、約40本のぼんぼりが灯され、夜桜も楽しめます。

桜の名所
宮川堤(みやがわつつみ)
桜の満開予定時期
3月下旬~4月上旬
お花見できる桜の種類
染井吉野(ソメイヨシノ)
夜桜鑑賞
最寄の温泉
所在地
三重県伊勢市宮川町
お問合せ先
(社)伊勢市観光協会 (0596-28-3705)
伊勢市観光政策課 (0596-21-5565)
公式サイト
宮川堤(みやがわつつみ)の桜情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.