母智丘関之尾公園(もちおせきのおこうえん)

母智丘関之尾公園(もちおせきのおこうえん)

当時の都城地頭であり、また母智丘神社を建立した、三島通庸(みしま みちつね 1835-1888)が、明治2年(1869)に植栽したのが始まりで、その後昭和2年(1927)江夏芳太郎氏により1,000本を寄進された桜が基となり、現在の母智丘関之尾公園のさくら並木があります。
現在、公園にはおよそ2,600本の染井吉野(ソメイヨシノ)や八重桜(ヤエザクラ)、山桜(ヤマザクラ)などがあり、母智丘千本桜と親しまれています。3月下旬から4月上旬には、広場までの2キロが桜並木になり、シーズン中は、夕方から22:00間での間、広場一帯をライトアップするので夜桜も楽しめ、期間中「もちお桜まつり」が開催されます。また、丘頂上にある母智丘神社から見下ろす桜並木は、圧巻でおすすめスポットです。

桜の名所
母智丘関之尾公園(もちおせきのおこうえん)
桜の満開予定時期
3月下旬~4月上旬
お花見できる桜の種類
染井吉野(ソメイヨシノ)、八重桜(ヤエザクラ)
夜桜鑑賞
最寄の温泉
ウェルネスグリーンヒル
所在地
宮崎県都城市横市町
お問合せ先
都城市商業観光課 (0986-23-2615)
公式サイト
母智丘関之尾公園(もちおせきのおこうえん)の桜情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.