造幣局(ぞうへいきょく)

造幣局(ぞうへいきょく)

造幣局

明治4年(1871)、貨幣鋳造所としてわが国初の近代設備を整え開設された造幣局。造幣局大川寄り南門から北門にかけての560メートルにも及ぶ見事な桜並木は通称「造幣局桜の通り抜け」とよばれ、4月中旬の1週間を一般公開します。この一般公開は、明治16年(1883)、当時造幣局長だった遠藤謹助氏が開放したのがきっかけとなり、それ以来続いているので、120余年の歴史になります。造幣局では、大手毬(オオデマリ)や小手毬(コデマリ)など、他ではなかなか見ることのできない珍しい品種を含め、約120種類の桜があり、私たちの目を楽しませてくれます。

桜の名所
造幣局(ぞうへいきょく)
桜の満開予定時期
4月中旬
お花見できる桜の種類
関山(カンザン)、松月(ショウゲツ)、普賢象(フゲンゾウ)
夜桜鑑賞
最寄の温泉
所在地
大阪府大阪市北区天満1-1-79
お問合せ先
造幣局(ハローダイヤル) (0570-00-8886)
公式サイト
造幣局(ぞうへいきょく)の桜情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.