鶴山公園(かくざんこうえん)

鶴山公園(かくざんこうえん)

奈良公園(ならこうえん)

鶴山公園は、本能寺の変で討死した森蘭丸の弟、森忠政(1570-1634)が13年の歳月をかけて、元和2年(1616)に築いた津山城の城跡公園です。天守閣などの建物は、明治7年に取り壊されてしまいましたが、本丸、二の丸、三の丸の石垣は完全な姿で残っています。
鶴山公園には、4月上旬頃になると染井吉野(ソメイヨシノ)など5,000本の桜が咲き誇り、西日本有数の桜の名所として知られており、日本さくら名所100選にも選ばれています。例年桜のシーズンには、津山さくらまつりが開催され、夕方から22:00までの間、鶴山公園内に多数のぼんぼりが灯され、石垣もライトアップされるので夜桜も楽しめます。

桜の名所
鶴山公園(かくざんこうえん)
桜の満開予定時期
4月上旬~4月中旬
お花見できる桜の種類
染井吉野(ソメイヨシノ)、八重桜(ヤエザクラ)、大山桜(オオヤマザクラ)、彼岸桜(ヒガンザクラ)、山桜(ヤマザクラ)
夜桜鑑賞
最寄の温泉
湯郷温泉、奥津温泉、湯原温泉
所在地
岡山県津山市山下135
お問合せ先
津山市観光協会 (0868-22-3310)
鶴山公園案内所 (0868-22-4572)
公式サイト
鶴山公園(かくざんこうえん)の桜情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.