名護城公園(なごじょうこうえん)

名護城公園(なごじょうこうえん)

日本一早い花見ができることで知られる 1月下旬に見頃を迎える沖縄一の桜名所、名護城公園は、名護市街や東シナ海を見下ろす丘陵地にあり、名護市街、名護湾が一望できる景勝地で、名護城跡を中心に整備されています。2万本以上の寒緋桜(カンヒザクラ)が春の始まりを告げ、ここから日本の桜の季節がスタートします。寒緋桜(カンヒザクラ)は、南方系の原種なので染井吉野(ソメイヨシノ)に比べて花は、濃いピンク色で花弁が小さめです。
毎年、一月の最終週末(金、土、日)には、日本一早い桜祭りが開催され、園内、桜の園には、桜並木を縫うように散策路も整備されていて、カンヒザクラで鮮やかなピンク色に染まった名護城(ナングスク)を名護城公園に見に行きませんか。

桜の名所
名護城公園(なごじょうこうえん)
桜の満開予定時期
1月中旬~2月上旬
お花見できる桜の種類
カンヒザクラ(寒緋桜)
夜桜鑑賞
不可
最寄の温泉
所在地
沖縄県名護市
お問合せ先
名護市観光協会(0980-53-7755)
公式サイト
名護城公園(なごじょうこうえん)の桜情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.