荘川桜(しょうかわざくら)

荘川桜(しょうかわざくら)

荘川桜は、御母衣(みぼろ)湖畔の中野展望台にある2本の巨桜で、岐阜県の指定天然記念物であり、飛騨・美濃さくら33選にも選ばれています。
荘川桜は、元々今は湖底に沈む中野照蓮寺と光輪寺の境内にあったものを、昭和35年(1960)にダムの完成に伴って現在の場所に移植されました。荘川桜は、樹齢450余年の老木で、樹高約20m、幹回り約6mの東彼岸桜(アズマヒガンザクラ)です。桜のシーズンには、花見客でにぎわい、夜桜も楽しめます。

桜の名所
荘川桜(しょうかわざくら)
桜の満開予定時期
4月下旬~5月上旬
お花見できる桜の種類
東彼岸桜(アズマヒガンザクラ)
夜桜鑑賞
最寄の温泉
所在地
岐阜県高山市荘川町中野
お問合せ先
飛騨荘川観光協会(05769-2-2272)
高山市荘川支所産業振興課(05769-2-2211)
公式サイト
荘川桜(しょうかわざくら)の桜情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.