苗代桜(なわしろざくら)

苗代桜(なわしろざくら)

苗代桜は、下呂市和佐にあります。この桜は、岐阜県の指定天然記念物で、また飛騨・美濃さくら33選にも選定されています。苗代ザクラは、近江源氏佐々木氏の末流三木四郎兵衛宗次が和佐へ移住したときにお手植えしたものと伝えられています。苗代桜は、吉野桜(ヨシノザクラ)に属し、樹齢400余年の2本の姉妹桜で、うち1本は目通り周囲3m、樹高30m、もう1本は目通り周囲1.12m、樹高25mもある巨木です。昔、苗代桜の花を見てから村人が苗代の準備をしたことから、その名があり、別名「暦ザクラ」ともいわれます。
桜のシーズンになると、ライトアップされるので夜桜も楽しめます。

※吉野桜(ヨシノザクラ)
江戸時代後期に東京の染井村にある植木屋から「ヨシノザクラ」の名前が広がったが、明治5年に奈良の吉野桜(ヨシノザクラ)と混乱することから、以後「染井吉野(ソメイヨシノ)」として広められた。染井吉野(ソメイヨシノ)は、大島桜(オオシマザクラ)と江戸彼岸(エドヒガン)の雑種。

※苗代
稲の種をまいて苗を育てる所。現在の田植えは機械化されているので育苗箱が多く用いられています。

桜の名所
苗代桜(なわしろざくら)
桜の満開予定時期
4月中旬
お花見できる桜の種類
苗代桜(ナワシロザクラ)
夜桜鑑賞
最寄の温泉
下呂温泉、乗政温泉、飛騨金山温泉
所在地
岐阜県下呂市和佐
お問合せ先
下呂市役所 観光課(0576-24-2222)
公式サイト
苗代桜(なわしろざくら)の桜情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.