霞間ヶ渓(かまがたに)

霞間ヶ渓(かまがたに)

池田山のふもとにある霞間ヶ渓のサクラは、およそ15,000本の山桜(ヤマザクラ)や染井吉野(ソメイヨシノ)、枝垂桜(シダレザクラ)、大山桜(オオヤマザクラ)、里桜(サトザクラ)、彼岸桜(ヒガンザクラ)など7~8種類の桜が渓谷を彩り、江戸時代から桜の名所で知られていました。
春になると、多くの種類の桜が咲き誇り、およそ1kmの桜並木をつくります。遠くから見ると、霞がかかったように見えるところから、「霞間ヶ渓」とよばれるようになったといわれています。その素晴らしい、霞間ヶ渓のサクラは、国指定天然記念物の桜で、また(財)日本さくらの会選定の日本さくら名所100選、岐阜県選定の飛騨・美濃さくら33選でもあります。
桜のシーズンには、池田サクラまつりが開催され、夜間は、外灯のみですが夜桜も楽しめます。

桜の名所
霞間ヶ渓(かまがたに)
桜の満開予定時期
3月下旬~4月上旬
お花見できる桜の種類
染井吉野(ソメイヨシノ)、山桜(ヤマザクラ)、大山桜(オオヤマザクラ)、江戸彼岸(エドヒガン)
夜桜鑑賞
最寄の温泉
所在地
岐阜県揖斐郡池田町藤代
お問合せ先
池田町観光協会 (0585-45-3111)
池田町産業課商工観光係 (0585-45-3111)
公式サイト
霞間ヶ渓(かまがたに)の桜情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.