奈良津堤の桜(ならづつつみのさくら)

奈良津堤の桜(ならづつつみのさくら)

奈良津堤の桜は、昭和45年(1970)に笠松町が、観光目的に植樹されたのがはじまりで、千本桜ともよばれ、桜の名所で知られています。岐阜県南部にある石碑、三川分流碑(さんせんぶんりゅうひ)から東海大橋までのおよそ2kmにわたって400本の染井吉野(ソメイヨシノ)が立ち並びます。
※三川とは、木曽川、長良川、揖斐川。
桜のシーズンになると、笠松春まつりが開催され、夜間18:00から22:00までの間、ライトアップされるので夜桜も楽しめます。

桜の名所
奈良津堤の桜(ならづつつみのさくら)
桜の満開予定時期
3月下旬~4月中旬
お花見できる桜の種類
染井吉野(ソメイヨシノ)
夜桜鑑賞
最寄の温泉
羽島温泉
所在地
岐阜県羽島郡笠松町 奈良津堤
お問合せ先
笠松町役場 環境経済課 (058-388-1111)
公式サイト
奈良津堤の桜(ならづつつみのさくら)の桜情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.