奥の細道むすびの地(おくのほそみちむすびのち)

奥の細道むすびの地(おくのほそみちむすびのち)

奥の細道むすびの地のある、大垣市は、日本を代表する俳人、松尾芭蕉が元禄2年(1689)の秋、およそ5か月の漂泊の旅(奥の細道の旅)を終えた終点の地であることから、その名があります。

市内の中央を流れる水門川沿いには、遊歩道「四季の路」があり、春のシーズンになるとおよそ100本の桜が咲き乱れ、特に奥の細道むすびの地の桜は有名で、桜満開の水門川を眺めながら、およそ1.5キロをゆっくり舟で下る、「舟下り芭蕉祭」が人気です。夜桜も楽しめます。

桜の名所
奥の細道むすびの地(おくのほそみちむすびのち)
桜の満開予定時期
3月下旬~4月上旬
お花見できる桜の種類
染井吉野(ソメイヨシノ)
夜桜鑑賞
最寄の温泉
所在地
岐阜県大垣市船町1丁目
お問合せ先
大垣市商工観光課(0584-81-4111)
公式サイト
奥の細道むすびの地(おくのほそみちむすびのち)の桜情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.