小城公園(おぎこうえん)

小城公園(おぎこうえん)

小城公園の桜は、明暦2年(1656)頃に初代小城藩主鍋島元茂(もとしげ)と二代直能(なおよし)が、鯖岡(さばおか)と呼ばれた小丘に桜を植えたのがはじまりといわれています。小城公園は、二代直能が晩年の貞享元年(1684)に隠居地の庭として造園したのが始めで、昭和26年に鍋島家から小城市に寄贈され、小城公園と呼ぶようになりました。
小城公園の桜は、佐賀県下三大桜名所のひとつで、染井吉野(ソメイヨシノ)など約3,000本があり、 3月下旬~4月上旬頃には花見客でにぎわいます。また小城公園は、桜だけでなく久留米躑躅(クルメツツジ)など約2万5000本のツツジが植えられていて、岡山神社、鳥森神社、記念碑、歌碑とたくさんの見所もあり、特に樹齢約340年の犬槙(いぬまき)の古木を、約30畳の正方形に刈り込んだ、角槙(カクマキ)は必見です。※佐賀県下三大桜名所とは、小城公園(小城市)、神野公園(佐賀市)、 旭ヶ岡公園(鹿島市)。

桜の名所
小城公園(おぎこうえん)
桜の満開予定時期
3月下旬~4月上旬
お花見できる桜の種類
染井吉野(ソメイヨシノ)
夜桜鑑賞
可(22:00まで)
最寄の温泉
小城温泉開泉閣
所在地
佐賀県小城市小城町185
お問合せ先
小城市商工観光課 (0952-73-8813)
公式サイト
小城公園(おぎこうえん)の桜情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.