新宿御苑(しんじゅくぎょえん)

新宿御苑(しんじゅくぎょえん)

新宿御苑のある場所は、元々内藤家の江戸屋敷があったところで、明治12年(1879)に新宿植物御苑となりました。以後、皇室の公式園遊会等に使われてきましたが、戦後になり一般に解放されるようになりました。
現在は、およそ58万3000平方メートルの広大な国民公園となっています。その広い園内には、染井吉野(ソメイヨシノ)をはじめとして、一葉(イチヨウ)や山桜(ヤマザクラ)、関山(カンザン)、普賢象(フゲンゾウ)、寒桜(カンザクラ)、枝垂桜(シダレザクラ)など約75種、約1500本の桜があるので、1か月以上の長い期間、たくさんの桜を楽しむことができます。

桜の名所
新宿御苑(しんじゅくぎょえん)
桜の満開予定時期
2月中旬~4月下旬
お花見できる桜の種類
染井吉野(ソメイヨシノ)、一葉(イチヨウ)、山桜(ヤマザクラ)、関山(カンザン)、普賢象(フゲンゾウ)
夜桜鑑賞
不可
最寄の温泉
所在地
東京都新宿区内藤町11
お問合せ先
環境省新宿御苑管理事務所 (03-3350-0151)
公式サイト
新宿御苑(しんじゅくぎょえん)の桜情報

Powered by Movable Type 4.34-ja Copyright(C) 2006 桜 サクラ sakura 全国のお花見名所100選 Allrights reserved.